複合機の必要性


オフィスでの仕事をする際、複合機というのはなくてはならないものです。コピーをしたりファックスを送受信したりといった作業はどのような業種でも必ず日々行われます。その都度コンビニに行くような手間を取っていては仕事が進みません。

とはいえ、その機械の精度の高さもあり複合機というのはとても高いです。企業が運営をして行く中では少しでも出費を抑えて手元にお金を置いておきたいものですし、特に新規開業時ともなれば色々と出費が重なります。そこで、最近では新品を現金一括購入するという企業はかなり減っているのです。購入をしなくてもリースをすることもできます。リースをすると製品によっても違いますが、古いもので印刷速度の遅いものだと月々1万円以下で借りて使用することができますし、最新の印刷枚数の多いものでも3万円以内で利用可能です。このようなリースを使えば新品購入するよりも大幅に初期投資の費用を抑えることができるため、人気を集めています。

しかし、リースというのはメリットばかりではありません。初期費用を抑えることができても、毎月リース代金を払い続けているとある程度継続すると新品購入代金と同等の金額になるということもあります。また、借りている間のメンテナンスや故障といったものへの対応はメーカーによって様々で、場合によっては自己負担でメンテナンスや修理を受けなければならないケースもあるのです

もちろん借りているうちにもっと違ったタイプの機種が良いということになった場合にもすぐに別のものに変えられるメーカーとそうでないメーカーとがあり、そのようなシステムの違いでもリース代金は違ってきます。このようなトラブルがあるということで、リースをするにあたってもよく考えることが必要であり、そのような観点から注目されているのが中古品を購入するということです。